働きたくないワーキングマザーの情報量0bitブログ

就労意欲に欠けるワーキングマザーMomiPによる情報量に期待できないブログです

ベビーカーを使っていたら老婆に因縁つけられた話

MomiPです。

雪がチラチラ舞いましたが、このあたりは積もることはなさそうです。

秋頃に今年は暖冬とか聞いたような気もしましたがとんでもない、寒い!

 

ベビーカーでおでかけをした際、エレベーターを待っていたら、我先にと乗り込んだ高齢婆さんがいました。

大きいエレベーターなので一緒に乗り込んだところ、

「以前エレベーターで乳母車が当たって肋骨にヒビが入ったの。だから先に乗るのよ」

とかなんとかネチネチ言ってきました。

なんだそりゃ、それ遠回しにベビーカー使ってる私に嫌味を言ってるのか?そのエピソードと私になんの関係もないだろう、いやな奴だ!

と思っていたら、うっかり全部口に出ていました(うっかり!)。

婆さんは「若造のくせに!」と顔を真っ赤にして降りてきいました。若く見える?嬉しいわ。

血圧上がると寿命縮むよ…と思いながらその婆さんを見送りました。

 

ベビーカーは子育てしている人以外からだいぶ嫌われていると思います。まぁ場所取りますからね、でもあると助かる便利アイテム。

使う場所を選んだり、道を譲ったり、使い方には私も気をつけているつもりではあります。

それでもまぁこういう事もありますね!

引き続き使い方には気をつけて過ごしていこうと思います。

 

にしてもベビーカーごときが当たってヒビが入るなんて…骨粗鬆症かなんかかしら?

カルシウムとるとイライラ予防にもいいらしいよ、と教えてあげればよかったです。

添い乳から添い寝へ(そして始まる夜泣き)

子が11ヶ月になりました。

いたずらをする前や、追いかけてほしいとき、こっちを見てほしいときに「え?」という感じの喃語で話しかけてきます。可愛い。

でもそこは「ママ」って言ってほしいんですが…笑。

男の子は言葉が遅いとか言いますからね、のんびり待ちます。

 

今まで寝かしつけは添い乳でやってきたのですが、先日おやすみロジャーで寝るという快挙を達成。

そしてロジャー成功から3日目にある変化が…。

さぁ寝ようぜ、と子を抱えてベッドに一緒に倒れ込むと、なんだか大人しい。

んん?と思いそのまま抱えるようにしていたら、しばらく足をもぞもぞした後…寝ました。

…寝ました!!

衝撃でどうにかなりそうでした笑。これが添い寝かとびっくりです。ついに添い寝で寝てくれる日がきました。やったー!

 

で、そこから今日で3日になりますが添い寝は連続成功中です。

うちの子の場合…ではありますが、成功するためには

 ・おっぱいや水分を十分とっておく

 ・機嫌がいい状態でベッドにいく

 ・ベッドには一緒に倒れ込む

 ・そのまま動かないで寝たフリをしながら、ゆっくり呼吸を子の頭に吹きかける

 ・子の腹に手を置く(寝返り防止も兼ねる)

これを満たさないとうまく行かなかったです。寝返りしてしまうと遊び始めてしまうので、阻止しないといけません。

お腹に手を置いてやると安心するみたいですね。

 

ところが4日目にして変化が!

添い寝でスッと寝付いたものの、3時頃にグズグズ。

抱っこで寝かしつけてもまたすぐにグズグズ。おっぱいやってもグズグズ…。

どうした子よ、寝方を変えたせいかしら?と悩んでいてふと思いつきます。これって夜泣き?!

実は今まで夜泣きとは無縁でした。

よく添い乳は夜泣きの原因という記事を見かけますが、うちの場合は添い乳でぐっすりだったのです。

まさかこんなタイミングで遭遇するとは…。子にとっては添い乳ではなくなったのは大事件だったのかもしれませんね。

しかし保育園のことを考えると、添い乳がやめられるならここでやめておきたい。もう少し頑張ろう子よ!

今夜はどうなるやら…??

お外で靴デビュー

MomiPです。

保育園落ちたどうしてくれるんじゃ!と困ってる親たちのニュースが流れる時期になりました。

受かってこの世の終わりのようにメソメソしてたのが益々申し訳なくなってきました。頑張ろう。

 

先日奮発していい靴を買ってあげて以来、家の中で毎日10分くらい練習していましたが、上手になってきたような気がしたのでお外で履いてみることに。

さてどこでやろうか…確実に手をつくだろうから、路上だとコンクリートが痛いよな。と悩み向かったのがこちら。

 f:id:MomiP:20170206220408j:image

武蔵小杉のグランツリーの屋上です。子供向けに庭園になっています!

足元は板だったり、トゲトゲしていない舗装になっていたりするので、ヨチヨチの練習には良さそうだと思いました。

さぁ行きたまえ!と子を降ろすと、場所見知りでしばらく動かす…笑。

まぁ今日はこんなもんかなと見守っていたところ、ヨチヨチ頑張りはじめ…30分くらい庭園内をケラケラ笑いながら歩き続けました!びっくり!

子の実力を舐めていました、まさかそんなに歩けちゃうなんて。大きくなったなとまたしんみり。

画像の鉛筆迷路のところが時折捕まって休憩できるのでお気に入りのようでした。板の上もやはり歩きやすいみたいです。

手をついても柔らかいだろうと思った草の上は、逆に歩きにくいみたいで近寄らず。

 

遊具もたくさんあるので、ヨチヨチから小学校低学年くらいまでの子が楽しそうに過ごしていました。

ただここ、景観が悪い…笑。タワーマンションに囲まれてるんですよ!都会だなぁと少し息がつまりました。いずれ私の田舎の方でのびのび遊ばせてやりたいものです。

親のメンタルと子どものメンタル

MomiPです。

風が強くて寒い!出かけるのがつらい。

ネットスーパー本当に便利です。ベビーカーあっても牛乳とか重たい野菜とかいっぺんに買えませんからね、便利な時代になりました。

 

保育園入れようと覚悟したのですが、やはり寂しくてしんみりはしています。

しかし子の前ではため息をついたり、メソメソするのはやめようと気をつけてはいました。

ところがここ数日は子の様子が違って、膝に乗っかってきたり授乳の体制に自分からなったり、なんだか甘えん坊に…?

寝ぐずりもちょっとオーバー気味で、なんとなーくいつもと違います。

するとじぃじから「きっと親の気持ちが伝わってるんだよ」と。やっぱりそう思う?

知らず知らずのうちに私がため息ついたりしてたのかもしれませんが、おそらく子も何かを感じ取っているのだと思います。

おおすまぬ子よ…未熟な母をゆるしてくれ。

 

こんな赤ちゃんでも、きっと色々わかるんですね。子の前での振る舞いは気をつけないとなぁと思いました。

景気づけに「わーお」を子の前で踊ってきます!

おやすみロジャーがやっと効いた!(寝かしつけ絵本)

MomiPです。

保育園のことを考えると、添い乳はやめたいところです。

断乳まてはしなくてもいいと思っていますが、添い乳は保育園のお昼寝が大変になるといけませんから、できればやめたい…。

 

以前読んだねんトレ本に、入眠儀式を決めましょうとありました。

ねんねトレーニングを学ぶ(5-6ヶ月) - 新米ママの情報量0bitブログ

トントンとかなでなでとか、絵本を読んだり、とかですね。

子は絵本が大好きなので絵本を読んでみましたがなかなか寝ない…。うーんと思いながら取り出したのはこちら。

大変売れているねんね本です。親友が出産祝いにプレゼントしてくれました。

実は以前も何度か読んだことがありますが、あまり聞く耳を持たずしばらく読んでいませんでした。まだ早いのかなぁと思っていたのです。

 

今回、いつもの時間にお風呂を入って、おもちゃを片付けがてら少しイチャイチャして、寝室に向かいました。目はまだ擦ってすらいませんが機嫌はいい状態でした。

電気は赤球にして、子の横でロジャー音読開始!

ところが子は元気にダッフィーの鼻を甜めたり、カーテンで遊んだり…笑。

しかし負けじとそれを無視してひたすら音読。小さめの声でゆっくり読みます。すると後半になった頃に私の傍らでゴロゴロするようになりました!(あくびおじさんの家から帰るあたり)

腹に頭を乗せられてもひたすら音読。するとカタツムリに再開したあたりで…寝ました。すげぇ。

内容なんか10ヶ月のベビーにはわかりませんでしょうが、読んでいても眠くなるような言葉がずっと並んでいて良い意味で退屈な絵本なんですよね。

 

凄いぞロジャー、ありがとうロジャー、また明日も頼むよ!

育休明けに時短勤務するかしないか

MomiPです。

子の後頭部に寝癖ができました!いやなかなか生えてこなくて…笑。

寝癖ができるほど伸びてきたかとほっこり。

 

さて次の社会問題になるとも言われている、大変忙しいワーキングマザーに私もなるわけですが…。

まず悩んでいるのが勤務時間です。

時間短縮勤務、つまり時短を選択できる企業はそこそこあると思います。私がいる会社も取得できます。

そこで、何時間短縮しようかと悩むわけですが…。

私の現時点でのイメージは6時間勤務にすることです。朝は頑張って定時出社して、夕方早めに迎えに行ってあげよう!という理想。

部署が違いましたが、3人お子さんがいる方が5時間勤務にしていました。3人もいたら5時間でも大変だろうなと思ったものです。

ところが同じ部署の人が、昨年フルタイムで復帰していることがわかりました!なんと…。

言い方がアレですが私と違って(笑)仕事にすごく積極的な方なので、休職前のように働きながら両立したいと思われたのかと思います。

育児に限らず、周囲の影響って存在しますよね。その職場の雰囲気というか、伝統(大体良いことではない)というか…。そういう前例があると従おう的な。

で私は考えました、フルタイムで復帰した場合のイメージトレーニングです。

 

5分考えたらもう疲れた…笑。

 

仕事は好きじゃありませんが嫌いってほどでもないです。しかし子を1秒でも早く迎えに行きたいなと思いました。

だってまだ1歳なりたてのちびっこ!堪え難し。同じ担当の人には負担をかけますが、やれることをやっていくしかあるまい。

フルタイムで復帰された前例がある一方、時短で復帰した前例があることも、この後育休に入る後輩には良いことなんじゃないかなとも思います。それぞれの考え方、ライフプランの設計があって然るべきですよね。

送迎は基本私がやることになりそうなので、私が決めないとね。よし。

 

というわけでつらつら書いているうちに時短する気持ちが固まりました。

残りの育休、楽しまないと!

 

保育園受かったくせに落ち込んでる話

MomiPです。

子は小走りするようになりました、でも足が回らなくて15歩くらいで手をついています。

駆け回っている他所の子を見て刺激になったのかもしれません。

靴だとまだヨチヨチなので、お外で遊べるにはまだまだです。

 

さて保育園の結果が出て、ありがたいことに内定を頂いたわけですが…以来今日まで泣いてばかりのアホがここにいます。

入れるのはとてもありがたいことなのは百も承知。ですがもうツラくて仕方がありません、まだヤダとか言えないのに預けるなんて…。

いや何言ってんだだったら申し込まなきゃよかったべ、って話なんですが。でもね、申し込むときはこんな思いをするなんて本当に思ってなかったのです。

子どもは可愛いのです、本当に!

 

メソメソしているのを気遣って、お義母さんはランチに誘ったり家の手伝いをしてくれたりしました。

親戚皆も「まだ早いとは思うけど…」と共感してくれますが、「なかなか受からないからね」、とその通りなコメントをくれました。

私自身幼稚園から入園したので、子どもをこんなに早く預けるのに抵抗があります。でも母は専業主婦でした。一方私は会社員です。

会社がやめられない以上、やはり預けるしかない。わかってる!わかってるのよ!でもね…メソメソ。

どこの子だってママといたいことでしょう。親の都合で預けるのは心苦しい。うぅ。

でも保育士やってる方が「皆等しく慣れていくよ!」と寂しい現実を教えてくれました。そうですね、子どものほうがたくましいことでしょう。でもそれって慣れるしかないから慣れてるだけなんじゃ…とまた罪悪感。

 

まぁこんなウジウジ言っていても、復帰するしかないのです。育休を取った以上、復帰するのが筋ってもんです。

過去の職場で良くしてくださった親しい課長さん(子持ちパパ)に、受かったのに落ち込んでいる旨をぶっちゃけたら、育休延長も全然権利があるからいいんだよ!でもMomiPが働く場所もあるよ!(嬉しいやら悲しいやら)等と励ましてくれました。優しい。

 

あぁ。もう2月になりますからね、明日こそ今の上長に伝えなければ。

皆きっと断腸の思いで子どもを預けているんですね。当事者になってやっとわかりました。

保育園に預けるなんて育児放棄だ!なんて意見を見かけることがありますが、うるせー黙れ!と今は反論できそう。

 

入れない人もたくさんいるというのに、アホな話でした。子どもは本当に、可愛い。