働きたくないワーキングマザーの情報量0bitブログ

就労意欲に欠けるワーキングマザーMomiPによる情報量に期待できないブログです

食物アレルギーについて

MomiPです。
離乳食は1〜2日に1種新しい食べ物をあげてのんびり進めています。昨日あげた梨の果汁は気に入ったようです、梨美味しいですよね。
今日はチンゲン菜の葉先をあげてみるつもりです。ほうれん草にしようと思ったら高くて…!ほうれん草はまた今度。

アレルギーについて、離乳食教室に行った時に学会HPを案内されたなんて話をしましたが、どこを読んだらいいのかよくわかりません笑
たまたま弟(卵、乳、牛肉、甲殻類、りんごetcアレルギー)が昨年書いた卒論テーマが小児アレルギー関連で、学会HPも読んだとのことなので、MomiPでもわかるようにかいつまんで説明してもらいました。
※あくまでも現時点での個人見解であることはご了承ください。発症の責任は負いかねます。

・アレルギーと離乳食開始時期について
 →WHOでは6ヶ月から始めることを推奨しているが、開始時期とアレルギー発症に因果関係が無いとする論文も出ている。逆に早く進めたほうがいいとする論文もある。

・アレルギー発症について
→食べる前に皮膚に付着するのは避ける。食べたことが無いものが皮膚に付くことで、身体が拒絶反応を起こすと考えられている。まず食べさせることで、「これは食べ物なんだ!」と身体にわからせる必要がある。特に皮膚が荒れている時に付着すると危険。
ただ、重度アレルギーの子には関係なさそう。

・お肌のケア
→前述の通り皮膚が弱っていると過敏になる可能性があるため、保湿等でお肌の状態を保つ。

食べたこと無いものに肌から触れるのが危険って言うのは初耳でした、びっくり。
ざっとググると同様の見解は散見されますね、検証もされている見解だということなのでしょう。
大人の食べカスをうっかり落としたままにすることのないように気をつけないといけないですね。