働きたくないワーキングマザーの情報量0bitブログ

就労意欲に欠けるワーキングマザーMomiPによる情報量に期待できないブログです

0歳で楽しめた絵本まとめ

MomiPです。

絵本ですが、我が家では2ヶ月頃から読んであげ始めました。子の反応は良くて、じ~っと眺めていましたが段々と自分でめくるようになり、1歳近くなると自分で「読んでくれ!」と持ってくるようにもなりました。

Amazonレビューを参考に買ったり人から貰ったりした他にも、図書館に通ってたくさんの本を読んできましたが、あまりにも気に入ったやつは購入したりして手元にはそれなりに絵本が増えました。

子が気に入ってくれた絵本をハマった順にまとめておこうと思います。

 f:id:MomiP:20170425112628j:image

1.あかあかくろくろ

 2ヶ月になってから買った初めての絵本です。

絵本の読み聞かせは早いに越したことないよねと思い、Amazonレビューを参考に気になって買ってみました。赤と黒は低月齢の赤ちゃんでもわかりやすいんだそうです。ストーリーなんて無くてひたすら可愛らしい絵柄が続くだけなのですが、子はじ~っと眺めてくれました。

3ヶ月くらいになった頃にはお気に入りのページ(しばしば変わる)を見ては微笑んだりするようにも。どうやら絵柄が分かりやすいようなので、最初の1冊目に選んだのは正解だったなと思っています。

同じシリーズの「しましまぐるぐる」も有名ですが、こちらも後に読み聞かせたところ反応はよかったです。書店でシリーズをギフトセットにしたものも見かけます、贈答用にも良いかもしれません。

 

2.なあになあに&だあれかな

 3ヶ月くらいから読み始めた絵本です。両方とも窓開き絵本になっていて、「なあになあに」の方は何かな?とページを捲ると色々なくだものが、「だあれかな」の方は色々な動物が出てきます。なあに?なあに?と言いながら親も楽しく読むことができます、絵柄も可愛らしい!

あかあかくろくろより一回り小さく、ページも厚紙なので子どもでも捲りやすいのも良い。

余談ですがこのうさぎちゃん、「ななちゃん」というそうです!後に買った音の出る絵本シリーズに書いてあった。笑

 

3.いないいないばああそび(おでかけ版)

 ページを開いていくと、子犬のコロや、ひよこのピィちゃんたちがいないいないばあ!をしてくれる遊び絵本です。最後のページはママなのですが、目のところに穴が開いているので親が本に隠れて遊ぶこともできます。

こちらのシリーズ、普通のペラ紙の絵本バージョンもあるのですが、おでかけ版を強くオススメします。おでかけ版は本のサイズも小さく(なあになあに、よりも一回り小さい)厚紙なので、無邪気なチビが触っても破ける心配はありません。

生後半年を過ぎたころには、自分で次のページを捲って楽しむようになりました。

 

4.はやおきおばけ

 4ヶ月くらいから読んではいたものの、面白がるようになったのは8ヶ月頃。

はやおきが大好きで早く寝てしまうため「うらめしや~」をし損ねてしまうお間抜けなおばけが「だったら”めざましや~”をしよう!」と超ポジティブなアイディアで皆を起こしに行くという、絵柄の割りに可愛いお話です。

このシリーズはたくさん種類があるのですが、どの絵本も1歳手前くらいの子なら読めそうな作りなので、ぜひ図書館で借りてみてほしいオススメシリーズ。

 

5.こどもずかん(くるまとでんしゃ)

 シリーズものです、英語の発音付きのカラフルな絵本。

動物だったり街だったりシリーズがいくつかありますが、子にヒットしたのはこちらの乗り物編。やはり男の子なのか?!図書館で借りたら気に入ったようなので買うことに。

色合いが鮮やかだからか、5ヶ月くらいの頃からじっと眺めていました。1歳近くになってからは、「ぶーぶーは?」等と聞くと、分かってるのかなんなのか絵柄を指差しながら読むようにもなりました。可愛い。

英語のアクセントも書かれているのですが、MomiPの腐れ発音で子の耳を汚したくないので(笑)、そちらは読み聞かせていません。もうすこし大きくなったらこちらのHPを活用したいところ。発音が聞けます!凄い!

こどもずかん おとのページ

 

 6.ぐるぐるちゃん

11ヶ月頃に図書館で借りたら大ヒットしてしまった絵本。

りすのぐるぐるちゃんがおかあさんと一緒にどんぐりを拾いに行くお話しです。いったい何がツボったのか、読めと何度も持ってきます。ペラペラ紙なので破けないように気をつけないと…。

「どんぐり」と言うとどんぐりを指差してくれるようになりました。褒めるとドヤ顔している気がする。笑

 

他にもあるのですが、ここでは超お気に入りだったものだけ書きました。

人気の有名な絵本はやはり面白いようですが、ぐるぐるちゃんのように図書館で借りたら案外ツボった!なんてこともあったので、図書館を活用できるといいですね。全部買ったのでは大変です。

たくさん借りると子の好みもわかってきて楽しいです。案外びっくりなのは「買ったけど反応がいまいちだった…」なんて絵本が、月齢が経ってから読むと反応が良いことがあるということ。理解度が上がるんでしょうね。

1歳1ヶ月を過ぎてからは絵本を自分で持ってきて、膝に乗るようになりました。絵本はコミュニケーションツールとしてもとても優秀ですね。