働きたくないワーキングマザーの情報量0bitブログ

就労意欲に欠けるワーキングマザーMomiPによる情報量に期待できないブログです

甘いのが苦手な子 VS お薬

MomiPです。

久々に子が風邪をひきました。熱が長く続いています。

小児科はすごく混んでいました。開店待ち(?)したのですぐ呼ばれたのですが、帰るときには待合室に座りきれない程の人!

夏風邪が流行っているのかな?手足口病も今年は流行中だそうですね。怖い怖い。

 

子は甘いのが嫌いらしく、シロップタイプのお薬は飲んでくれません。

ジュース等は殆ど与えてないので、甘さにびっくりしてしまったのかもしれませんが…。

そこで、シロップよりは混ぜて隠しやすそうな粉タイプで薬をもらうようになりました。粉も飲みやすいように甘みがありますが、シロップほどの香り立つ甘さは無いようで。

ところが…!

 作戦①

  服薬ゼリー → 警戒され飲まない

 作戦②

  豆乳で練ったさつま芋の餡(好物) → 一口食べて逃げる(隠しきれなくてバレた?)

 作戦③

  かき氷(最近のブーム)にかける → 察してるのか目もくれず

 作戦④

  指に乗せて直で口に(ヤケクソ) → 呼んでも来やしない!

 

もう、もうカーチャンは疲れました。

しかしそこをなんとかして飲ますのが親の責任ってもんです。とはいえお手上げだ!

この顛末を専属薬剤師(弟…笑)に愚痴ったところ…。

「薬の甘みが嫌いな子はたまにいるらしい。よくあるのはココアを混ぜるとか…でもまだ早いかな。甘みを隠すならきな粉とか…」

きな粉?!きな粉ならたくさんありますとも!

朝食にヘビーローテしているフレンチトースト(フォローアップミルク使用)の仕上げに振りかけるのによく使っています。

 

それは名案かもしれんと、早速きな粉と薬を混ぜます。

しかし薬が多くて、隠そうと思うと結構な量のきな粉に。飲みきれるか?

恐る恐る湿らせた指に、きな粉&薬の山を取って子の口に運ぶと…舐めた!泣

途中指を噛まれながらも全部舐めてくれました。2回目は水で練ってスプーンであげましたがこれもペロリ。ヤッター!

ありがとうきな粉!

 

しかし毎回きな粉じゃ飽きるよな…と思い、思いつきでコーンポタージュに混ぜましたら、これも飲めた!

最早薬の雰囲気ないもんな。笑

 

そんなわけで今回はきな粉先生とコンポタ先生に助けられましたが、何かに混ぜてもOKな薬だったからできたこと。

もし今度混ぜるのNGな薬が処方されたら…。

………その時考えます(震)。