働きたくないワーキングマザーの情報量0bitブログ

就労意欲に欠けるワーキングマザーMomiPによる情報量に期待できないブログです

産後の人間ドックでひっかかった話①

MomiPです。

卒乳後胸にしこりがあったりしましたが、絞るようにマッサージをしたところ2週間くらいで消えてくれました。

やはり乳腺が詰まってしまっていたようです。

しこりができると焦りますね!卒乳成功したからとおっぱいを放置すると痛い目にあいます…。

 

数ヶ月前になりますが、人間ドックに行きました。産後落ち着いたら行こうと決めていました。

決めてからではありますが、体重減少・食欲不振・倦怠感・夜中に目が覚める(夜間授乳の癖が続いてる気がする)…と体調不安を感じていたので、待ち遠しかったくらいです。

仕事も負担に感じているので、ストレスのせいなんだろうなと思いつつ受けてきました。

 

希望した人間ドックの内容は日帰りコースで、一般的な健康診断の内容に血液検査や婦人科の内診、内臓や乳腺のエコー、そして胃の内視鏡が含まれていました。

宿泊プランだと大腸内視鏡も付きますが、子を置いての宿泊はできれば避けたく今回は見送り。

楽しみにしていたのは婦人科の内診。緊急帝王切開になった際、傷が大きくなって閉じるのに時間がかかったなどと医者に言われたため、子宮の状態はどうなってるのかなと気になっていました。

診てくれた女医さんに聞いたら、傷の位置もわからないくらいですよ!と言ってもらえて凄く安心しました。ホッ。

 

問題というか鬼門なのはやはり胃カメラ。待合室にいると前の人たちの嗚咽が聞こえてめちゃくちゃ怖い。

私は今回で2回目です。鼻が楽だよと言われ前回も今回も鼻からやりました。

口は未体験なので比較はできませんが、周りを見ていると鼻からの方がオエオエ言う回数は少ないです。しかし0ではない。少ないだけ!

やはり鼻がオススメですかね。鼻が狭く口もどうしても苦手なら、麻酔を使う手もあります。ウトウトしてしまうのですぐに帰れなくなってしまう、運転できないといったデメリットもありますが。

実は数年前の胃カメラでピロリ菌を指摘され、除菌したことがあります。

てっきり綺麗になってるんだろうと思いきや、

「ピロリ菌いるね〜」

と言われビクリ!除菌したんですが…と伝えると

「そうなんだ!じゃあ様子見だね」

とのこと。ピロリ菌の除菌って数値的にうまく行っていても、何年もかけて治療していくものなんですね。除菌したらすぐ綺麗になるもんだと思ってました。ショック…。

 

結果は郵送。

ピロリ菌の数値がまた上がってしまっていたらどうしよう…なんて思っていたら、思いがけない箇所の紹介状が同封されていたのでした。

 

続く!