働きたくないワーキングマザー(育休中)の情報量0bitブログ

就労意欲に欠けるワーキングマザーMomiPによる情報量に期待できないブログです。現在第二子育休中

産後の人間ドックでひっかかった話②

MomiPです。

 

前回の続きです。

結果は郵送されてきたわけですが、開封すると明らかに紹介状っぽい封筒が入っていてガックシ…。

引っかかったのは、なんと子宮頚部でした。

んん?4月頃に検査したときは何とも無かったのに…。

 

実は4月に物凄くかゆくて(恥ずかしい)、婦人科にかかったことがありました。

色々調べてもらったついでに子宮頸癌検診もやりましたが、結局検査では何も引っかからず。薬を貰いましたが合わなかったので自然治癒を待っていました。

もしかすると何か関係があったのかも?

今回の診断結果を見ると「軽度異形成・ASC-US・LSILの疑い〜…」とありましたが、そんな用語初見では解読困難。検索魔になりました。

 

結局よくわからないので検索はやめましたが(頭が悪い)、わかったことは

 ・子宮頚がんの原因はヒトパピローマウイルス(HPV)の場合が殆ど

 ・誰でもウイルスには接触するが、悪化するのは稀

 ・ASC-USとかLSILというのは異形成の度合いのことで、これらは軽度

 ・軽度なら自然治癒することも多い

 ・ただ、癌じゃないかは確認しておかないとね

ということのようですね。

 

4月に子宮頚がん検査をした婦人科クリニックに行こうと思いましたが、よく考えたらそこからまた「大きい病院に行ってください」となることもあり得る?

思い直して、数駅離れた大きい総合病院を予約しました。

 

ところがなんと、生理が遅れており予約日とかぶりそう…病院には被ったらまた連絡してと言われたものの、予約がいっぱいの様子。

案の定予約日に生理が来てしまい、医者にかかれたのは結果が来てから1ヶ月半後になってしまいました。

そこでは詳しい細胞診?コルポスコピーというのをやることになるわけですが、検索するとこれが痛いとの情報がたくさん!

震えて診察日を迎えたのでした。

 

続く