働きたくないワーキングマザーの情報量0bitブログ

就労意欲に欠けるワーキングマザーMomiPによる情報量に期待できないブログです

妊娠トラブル② 化学流産>子宮外妊娠疑い?

MomiPです。

なんて寒いのでしょう…年々寒がりになっている気がします、ダウンで通勤なんて初めてです。

歳とったせいなのかな…笑。

 

さて前回町医者に子宮外妊娠疑いで大きい病院に紹介されたわけですが、怯えながら受診いたしました。

やはり総合病院は混みますね、色んな病気の方が当然いますしね、総合病院で妊婦検診受ける人は大変だなぁ…。

と思いながら自分の番を待ちます。飛び込み予約だったので待つだろうなと思っていたら、看護師さんが

「時間がかかるかもしれません、上のお子さんは保育園ですか?代わりにお迎え行ける人はいますか?」

なんて仰るもんで『あぁこりゃ相当待つな…』なんて覚悟を決めた矢先にあっさり呼んでいただけました。助かります。

 

早速内診しますが、やはり何も見えず。

それはいいんだ、子宮外妊娠かどうかが怖いんだ…!とヒヤヒヤ内診が終わるのを待ちました。

先生「初期流産の可能性がたかいと思うんですよね…うーん」

私「うーんですか…どうしたら判別つくとかありますか?」

先生「採血して帰ってもらいます、ホルモン値が高ければ子宮外妊娠の疑いが強まるので、高い場合は今日中に電話します。なければ来週もう一度来てください」

 

やはりエコーじゃわからんもんなんだな…と思いながら先生がカルテに入力している文字を見ると、

『化学流産>子宮外妊娠』

?化学流産??なんだろう、初期流産のことか?

見知らぬワードが気になり家に帰ってからググりました。

 

初期流産(化学的流産)の症状とその原因とは|ウーマンエキサイト(1/2)

 >化学的流産とは、妊娠のきわめて初期に起こる流産で、

>受精はしたものの何らかの理由で着床しなかったり、

>または着床が続かなかったりした状態を指します。

 

いやー経産婦だというのに妊娠に関することについて、知らないことがたくさんあります。

結局当日中に病院から血液検査の結果についての電話はありませんでした。低い値だったようです。ホッ。

…ということで化学流産かもしれないようですが、子宮外妊娠でなければいいので早く生理来てくれ!というよくわからない祈りを毎日することになりました。

ちなみにお会計は2,800円ほど、これ何回も続いたら正直痛いわ…。といろんな意味で不安になりながらまた一週間待つのでした。

 

続く!