働きたくないワーキングマザー(育休中)の情報量0bitブログ

就労意欲に欠けるワーキングマザーMomiPによる情報量に期待できないブログです。現在第二子育休中

【RSP60】え、妊婦って大豆イソフラボン駄目なの?(美活研究ラボチョコサプリ)

MomiPです。

商品紹介その4はこちらにいたします。

www.tokiwayakuhin.co.jp

常盤薬品工業さんの、美活研究ラボチョコサプリです。

参加したイベントでやっていた物販で、一番行列ができていた商品です。あまりの行列に初心者の私は並ぶのを諦めてしまったわけですが、お土産に貰ったサンプル品一式の中に一つ入ってました。ありがとうございます。

中身はザクロパウダーが入ったちょっとビターなチョコレート…なのですが、サプリメントとして摂取するのが正しいようで、食べていいのは一日5粒程度までなんですって。

というパッケージ裏面の注意書きを読みながらふむふむと食べていると、ある一文に気がつきました。

 f:id:MomiP:20180103231434j:image

んん!?

妊婦や授乳中、乳幼児および小児は食べられない?!

まぁ確かにサプリメントなんだと思えば子どもが駄目なのは分かるのですが、妊婦も…?

なんでやと思い少し調べていると、下記HPへたどり着きました。

厚生労働省:大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A

<以下引用>

問10: 子どもに大豆イソフラボンを含む食品を食べさせても大丈夫ですか。 また、妊婦についてはどうですか。
 (1)  子どもについてはどのくらいの大豆イソフラボンの摂取であれば心配がないのか、妊婦についてはどのくらいの大豆イソフラボンの摂取であれば胎児に影響がないのか、現時点では科学的に明らかになっていません。
 そのため、子どもや妊婦が、日常の食生活で食べている「伝統的な大豆食品」に加えて、特定保健用食品などにより、日常的な食生活に上乗せして大豆イソフラボンを摂取することは、推奨されていません。
 (2)  豆腐、納豆、煮豆、みそなどの「伝統的な大豆食品」については、大人と同様に、日常の食生活の中で他の食品とともにバランスよく食べることに気をつければ、心配する必要はありません。

<引用おわり>

 

ほぉ…妊婦や子どもへの影響に関する研究が終わっていないんですね。

わからないなら安全のために避けるべきですね。一つ勉強になりました。

一昔前に納豆ダイエットが何かの番組で取り上げられて、納豆ブームが起きた際に「過剰摂取に気をつけるように」と周知されていたのを思い出します。

大豆って本当に栄養価が高いんですね!だからこそ摂りすぎに注意ってことなんですね。

以上、一つ勉強になった栄養万点サプリ、「美活研究ラボチョコサプリ」でした。

 

#RSP60 #サンプル百貨店 #常盤薬品 #チョコサプリ