働きたくないワーキングマザー(産休中)の情報量0bitブログ

就労意欲に欠けるワーキングマザーMomiPによる情報量に期待できないブログです。現在第二子産休中

プラレールの遊び方の変化(1歳半〜1歳10ヶ月)

MomiPです。

子は新幹線が大好きですが、最近は働く車も大好きで特に「解体機」がお気に入り。

解体機はパワーショベルの先がハサミになっているような形をしています。私は28年人間やってますが一度も見かけたことがないよ…。笑

いやしかし子のおかげでだんだん詳しくなってきましたよ!オフロードダンプとか実物を見てみたいですね。

 

車より先に興味を持ったのは新幹線(電車)でした。

なのでスポンサー(じぃばぁ)に頼んで買ってもらったのがこちら。

プラレール

車両とレールがセットになった初心者向けの物がちゃんと売ってるんですね。

こちらは「かがやき」の車両が付いているのですが、「はやぶさ」のカバーも付いているので車両の着せ替えが可能。

レールは緑色ですが、エコな構造(素材や作り)をしているレールなんだそうです。よく見かける青色レールとは互換性があるらしいので、もっとレールが欲しくなっても大丈夫!という購買欲を煽る仕様になっていました。笑

買ったのは1歳半の頃ですが、最近になって遊び方が変わりました。

 

 1歳半頃

  →車体を手で持って床を走らせて遊ぶ

   (レールは無視)

 1歳10ヶ月

  →車体を手で持ってレールの上で遊ぶ

 

ちょっと進化してませんか?!笑

レールさんの存在が許されてきたようです。

しかしレールの上を電動で走らせると「自分の!」と掴みに行ってしまうんですよね、自己主張は日に日に強くなっています。

次はどのように遊ぶようになるのかな?

こうして考えるとレールをつなげて走らせる、とかかなりハードルが高いですね。

 

おもちゃ越しに成長が見えて楽しいです。

プラレールが長く愛されているのは、色んな月齢で遊び方を変えながら長〜く遊べるからなのだろうなぁと感心したのでした。