働きたくないワーキングマザー(育休中)の情報量0bitブログ

就労意欲に欠けるワーキングマザーMomiPによる情報量に期待できないブログです。現在第二子育休中

保育園が決まったのに不安な人へ

MomiPです。

子が2歳になりました。

もう大変しっかりしていてお喋りもペラペラで頼もしい限りです。

保育園では進級準備で部屋移動がありました。

一番下の学年じゃなくなるんだ…となぜか少し寂しい気持ちです。なんでかな。笑

来月は新入園児の泣き声が園内に響き渡るのだと思うと懐かしさもこみ上げてきます。

 

今日、新入園児と思われる子とそのご両親とすれ違いました。パパはスーツだったので会社上がりかな?面談か何かかと思います。

ご両親はそわそわと「こんなところなんだ…」と物珍しそうに見渡していました。

そんな姿を見て、そういえば一年前の今頃、私はとても不安だったなと思い出しました。

同じように入園を控えていて不安な人がもしこの辺境ブログを見ていたら、一言言いたい、保育園いいよ!と。

 

私は確かこんな不安を抱えていました

 ①こんなに小さいうちから預けるなんて…(三歳児神話)

 ②ママと離れるの寂しいよねごめんね

 ③お友だちと仲良くできるかな、怪我しないかな、させないかな

 ④病気貰うんだろうな、可哀想だな

 

さて、もし共感してくださる人がいたら言いたい。

大丈夫だから!

 

まず三歳児神話ですが、子どもは確かにママ大好きっ子になって幸せな面もあるかもしれません。が、明らかに保育園行っていること行ってない子では発育ペースは違います。

それが将来的な長い目線でどっちが劣るとか発育の専門家ではない私は言うつもりは無いし、そういうつもりはないです。

ただ実感として保育園児はめちゃくちゃしっかりしています

言葉も皆に引っ張られるからか早い早い。最近は講師を呼んでリトミックや英語をやる園が当たり前のように増えてきましたが、これ自分で習い事にそれぞれ通わせようと思ったらめちゃくちゃ大変。

極めつけは保育園の給食はバランスが良くて美味しい!こんな立派なご飯、私には作れんというレベルで毎日提供してもらえるわけです。

保育園はすごく子どもを成長に導いてくれます。いつの間にかトイトレ始まったのはびっくりでしたが。笑

幼稚園の先生をしていたという人と昔話したとき、幼稚園に3歳くらいから入る子と比べたら保育園から転園してきた子は凄くしっかりしていて…(親も落ち着いている)なんて聞いたことがあります。まぁ一概には言えないのは当然だと思いますが、親から離れて共同生活をするというのは凄い刺激なのだろうなと思います。

保育園に行ったからといって親が育児をやめるわけではありませんから、家に帰ってしっかりコミュニケーションがとれれば、親も子も一日がとても充実するなと感じています。

 

子が寂しがらないか…と不安な人もいると思いますが、ママー!と泣くのは4〜5月だけです。これが現実。笑

むしろ寂しいのは親!違いますか?

私はそうでした。でも綺麗事抜きで言えばずっと一人で育児をし続けるのも大変なことです。保育園の給食と同じレベルの栄養バランス食は私には毎日提供できない。笑

会社終わって迎えに行って…は当然馴れるまでは大変です。私も復帰後3キロ痩せました(今は元通り)。

ただ家に帰ってから子がより愛おしくなったのは感じています。そりゃできたら一日中一緒にいたいですけど、できるなら保育園申し込まないよ!というね…。

 

長くなりましたが、復帰を控える方がもし見ていたら、心配しないでと言いたい。

保育士さんは育児の協力者になってくださいます。親とは違う目線での子の様子が聞けるのは凄くありがたいことです。期待していいですよ!

そして親は保育士さんにしっかり協力することです。それによって良い園にしていけると感じています。

 

ちなみに上の③と④ですが、

③は、そもそも0歳、1歳クラスはお友だちにまだ興味がないので喧嘩にならない(1歳後半くらいからは多少ありますけどね)ので心配しなくていいし、

④はボーネルンドやディズニーランドに行くのと何ら違いはありません。人が多ければ風邪は貰う、でも人が多いいところは刺激もある。

 

育児休暇が終わる方は保育園が決まったことにありがたいと当然思いながらも、さぞかし複雑な心境でしょうが、3月中は子と存分に遊んで、4月を楽しみにしてもらえたらと思います。

私は3月中に次年度必要になるらしいスモックにワッペン付けないと…。