働きたくないワーキングマザー(育休中)の情報量0bitブログ

就労意欲に欠けるワーキングマザーMomiPによる情報量に期待できないブログです。現在第二子育休中

上の子の不安な気持ちを覚えておきたい(臨月)

MomiPです。

なんだか調子がいい気がしたので、徒歩数分の病院にインフルエンザワクチンの予約をしに行きました。

ワクチンの値段って病院によって結構差がありますよね。今回予約したところは子ども2,000円、大人3,000円でした。おそらく平均的な価格かと。昨年はワクチンが足らないと大騒ぎになりましたが、私も予約に苦労しました。なかなか見つからず、もっと高い病院でやっと打てたのを思い出します。

 

さて上の子ですが、寝かしつけのために一緒に布団でゴロゴロしていたら、

「ママ~、さびしい…」

とのこと。ドキッとしました。やっぱり寂しさを感じるんだ、下の子が産まれてくるってわかっているんだ…と気がつかされました。

保育園でも主担任の先生が部屋を一瞬出て戻ってくると、うちの子はドア付近で先生を待っているそうで。先生が「待っててくれたの?」と聞いたら、「さびしかったの…」と話したとのことでした。

二児の母でもある園の先生は、「環境の変化に気がついているんでしょうね、園でもフォローしていきますので頑張りましょう」と励ましてくれました、助かります…。

私が送り迎えできなくなったので、保育時間が以前より若干延びています。しかしその若干は子どもにとっては長く感じるのだろうなと思います。

今までは最初か二番目にママがお迎えがきていたのに、今は他の子のお迎えが先になったのが、子にとっては凄く切ないことなのではないかと察するのは容易です。そりゃ寂しいよね…。

負担をかけていてとても心苦しいところですが、少しだけ子には頑張ってもらわなければなりません。

産後は早く体調を取り戻して、また私が送迎ができるようにしてあげたいなと思います。とはいえ産後はどうしても赤ちゃんがいますから、家でも以前のように手をかけてあげるのが難しいでしょうが…。

私もキャパシティに自信がない未熟なお母ちゃんですが、上の子が不安な気持ちを抱えていることを知った今の気持ちを忘れずにいたいなと思いますし、上の子には素直に接して一緒に頑張っていきたいところです。