働きたくないワーキングマザー(育休中)の情報量0bitブログ

就労意欲に欠けるワーキングマザーMomiPによる情報量に期待できないブログです。現在第二子育休中

関東労災病院で帝王切開①(前日入院)

今回無事次男を出産したのは、関東労災病院です。

結論から言うととてもいい病院でした。

意外と帝王切開の出産レポが見当たらなかったので誰かの参考になったらいいなぁという思いと、関東労災病院良かったよ〜という気持ちを帝王切開仲間に伝えたいという思いから、雑ではありますが入院生活の記録を残したいと思います。

届け誰かに情報量1bit!
f:id:MomiP:20181018103630j:image

ちなみに私の入院期間は1日退院日を早めたので、産後7日目までとなります。

それでは前日入院の話から…。

 

まずは13時頃に入院の受付へいきます。この日同じく産科に入院する人が皆揃ってから病棟に案内されました。ちょっと早く着いたので待ちくたびれてしまった。あまり早めに来る必要はなかった模様。

お部屋につくと待機しているように言われたので、持ってきた荷物を広げることに。

するとすぐに今日担当の看護師さんが挨拶に来てくれました。貴重品だけ持って今から麻酔科に行って診察受けてきてくださいとのこと。貴重品をいれる袋なり鞄はあった方がいいですね。

あと腕に名前が書かれたバンドを付けられました。入院中はずっと付けなきゃいけないようで。バーコードも印字されており、これをかざせば診察券はいらないようです。

 

14時頃には同じく入院したての人と雑談しつつ、麻酔科で呼ばれるのを待ちました。診察は麻酔のリスクの説明だったり、持病やアレルギーの確認をしたり…というものでした。

終わったら一人で部屋に歩いて戻ります。方向音痴なのでエレベーターがどっちなのか少し迷う。笑

部屋に戻り、どうしたらいいのかソワソワしていると先ほどの看護師さんがまた来てくれました。入院中着る服を持ってきてくれたり、弾性ストッキングをくれたり、入院時に出した書類の確認をしたり、採尿・採血をしたり…NSTも40分ほど付けました。手術の順番はまだわからない。

手術のとき担当してくれる看護師さんも挨拶と説明に来てくれました。当日の流れとか教えて貰いました。

 

15時頃には産科のフロアを案内してもらいました。シャワーや授乳室の場所、避難経路、配膳を下げる場所、入院中借りる赤ちゃんと私の服が汚れたら入れる籠の場所等々…フロアツアー。事前の病棟見学は一度も参加しなかったので、ここでしばらく過ごすんだなぁとしみじみ。

その後は手術時間の連絡に看護師さんが来てくれるのをゴロゴロしながら待ちました。

私は二番手だそうですが、11時頃とのこと。思ったより早い!とはいえ前の人の進捗で時間は前後するとのこと。そりゃそうだ!ソワソワ…。

 

することが無くなったのでシャワーに行くことに。2つありますが片方空いていました。座って使いたい場合は椅子を置いてもらえますが、その場合は看護師さんたちを呼んで設置してもらうそうです。

ドライヤーは1台だけ置いてありますが、入院期間中は他の人と被らず使えました。気になるなら持参したほうが良さそうです。

腕のバンドは防水仕様なので付けたままです。また、この時病院のパジャマに着替えました。

 

初ご飯!温かくて美味しかったです。
f:id:MomiP:20181018103721j:image

食休みをしていると明日担当してくれる麻酔科の先生が挨拶に来てくれました。赤ちゃん取り出して貰ったら無理せず眠らせて貰おうかな〜なんて話したりしました。

配膳は自分で下げに行きます。歯磨きを終えてまたゴロゴロ…眠い。しかし特定の赤ちゃんの泣き声がずっと聞こえる…。新生児の泣き声を久々に思い出しながらウトウト。

 

20時半頃には赤ちゃんの心音を確認してもらいました。特に異常が無いのですぐ終わりました。

 

もういよいよ寝るだけです。

食事はNGですが、翌朝6時まで水分だけは摂っていいそうで。渇くから嬉しい。

上の子の様子を家族から聞きつつ、早めに眠ることにしました。